乾燥肌の原因は間違ったスキンケア

家系的に乾燥肌になりがちだという方もいますが、乾燥肌の多くは肌に合わないスキンケアや、年齢の影響によるものなどです。先天的になる場合は、アトピーなど他のトラブル抱えている場合もあります。より複雑で乾燥肌とうまくつき合っていかなくてはならないでしょう。また、遺伝だと思いこんでいた乾燥肌が、年齢やスキンケアのやり方のために細胞間の油脂成分が現象していたためという場合もあるようです。皮脂の分泌される量は、男性なら50歳、女性であれば25歳くらいから、男性ホルモンの減少に伴い徐々に減っていくとされています。スキンケアが肌に合わないものであるために、乾燥肌の症状が出ている人が多いことは見落とされがちです。クレンジングをオイルクレンジング、油性ジェルなど油性のものを毎日使用していると、本当は必要な皮脂まで奪ってしまい乾燥肌にしてしまうことがあるのです。しっかりとつけたメイクを落としたい時だけ、オイルクレンジングを使うなどの工夫が大事です。顔を洗うお湯が熱めの場合、必要な油分も溶かしてしまって乾燥肌になることもあります。洗顔をする時に指でゴシゴシこすったり、ファンデーションを塗る時に強くスポンジで擦るように塗ったりすると、肌の角質層がはがれてしまい、肌のバリア機能を低下させてしまいます。バリア機能は体内から水分が失われることを防ぐ機能を持っています。低下すると肌の水分が蒸散してしまい乾燥肌を起こします。不適切なスキンケアによる乾燥肌ならば、先天的理由や加齢による水分の減少と違って、何をどうすれば肌を乾燥から守ることができるのかが明確になっているともいえるでしょう。顔の洗い方に気を配るだけでも乾燥肌に水分が戻ることもあります。正しいスキンケアのためもにも、顔の洗い方や化粧品の使い方を見直してみてください。http://www.j-guide.biz/