日焼け対策と紫外線について

日焼け対策と紫外線についてです。紫外線が気になる季節と言えば夏ですが、年間を通して日焼け対策をすることをおすすめします。太陽光の下に出る時は、いつも日焼け対策をしたいものです。夏が最も紫外線の強い季節ですが、夏以外も意外と紫外線が強く日焼け対策はいつの季節も大切になります。適切な日焼け対策を行うには、紫外線についての情報を得ておくといいでしょう。日焼けはどうすれば対策ができるのでしょうか。地上に届く紫外線の強さや分量は、時間帯や季節、天候、地域といった様々な条件で左右されます。月々の紫外線量は、3月頃にいきなり多くなります。9月を越えると紫外線量は再び減りますが、6月を頂点に3月~8月は紫外線の季節といってもいいでしょう。朝10時から紫外線の量は多く、3時までは要注意の時間です。1日を通して見た場合、紫外線の少ない時間は日中はごくわずかです。曇りの日は大丈夫に思いがちな紫外線ですが、曇りの日も私たちの肌にかなりのダメージを与えています。太陽がサンサンと輝いている夏の日中なら、たいていの人が日焼け対策をしてるようです。その反面、春の温かい日や雲が空を覆っている日、太陽光がさほど強くない日はつい日焼け対策をサボりがちですが、たとえ雲が出ていても日差しは2割程度しか減衰しません。肌が受ける紫外線の効果は、見えないうちに積み重なっています。短時間のお出かけだとしても、紫外線の作用は肌に及ぼされていると思っていいでしょう。毎日日焼け対策を入念に行うことで、常にきれいな肌でいつづけたいものです。http://www.mistressastrid.com/